論文投稿受付

「宇宙太陽発電」で、オリジナル論文の投稿受付を開始します。

平成28年4月に創刊致しましたオンラインジャーナル「宇宙太陽発電」(ISSN:2432-1060)で、オリジナル論文(原著論文、査読あり)の投稿受付を開始します。
本誌の特徴は以下の通りです。

  • オープンジャーナルで、且つ投稿料が無料です。
  • 本学会主催シンポジウムで発表した論文も投稿することができます。
  • 受付から掲載決定まで3ヶ月を目指します。

以下の投稿規程をご確認の上、電子メールでsubmit@sspss.jp宛(’@’は半角に変えて下さい) ご投稿ください。会員の皆様からの投稿をお待ちしています。(非会員の方の投稿については、投稿規程8をお読みください。)

  • 投稿規定のダウンロードはこちら
  • テンプレートのダウンロードはこちら

宇宙太陽発電学会論文集「宇宙太陽発電」投稿規定

平成28年4月6日理事会承認

1. 宇宙太陽発電学会は,宇宙太陽発電研究における分野の発展・情報共有を目的として,オンライン刊行物である「宇宙太陽発電」を刊行する.

2. 「宇宙太陽発電」は,オリジナル論文,シンポジウム論文,解説論文を掲載する.他の学協会誌,論文集またはこれに準じる刊行物に発表されていないもので,本会に著作権を委譲できるものに限る.

3. オリジナル論文とは,当該研究分野の学術または技術に寄与する内容であり,次の各項を満たすものとする.
(1) 論文の内容に客観的な創意(創造性),客観的な新しさ(新規性),学術あるいは技術の発展(有用性),または宇宙太陽発電所実現に資する技術展開(戦略性)のいずれかを見いだせること.
(2) 論旨に明白な誤りがなく,十分理解しやすいこと.
(3) 著作権法上,問題のないこと.

本誌に掲載される原稿として,ふさわしいものであるかどうかを判定するための資料を提供することを目的として査読が行われる.査読に伴って見出された疑義や不明な事項について修正を依頼することがある.ただし,原稿の内容に対する責任は本来著者が負うべきものであり,その価値は一般読者が判断すべきものである.

4. シンポジウム論文とは,「宇宙太陽発電シンポジウム」で発表された講演に関する論文であり,内容に関する査読は行わない.

5. 解説論文とは,本会より執筆を依頼する論文であり,内容の査読は行わない.但し,上記3.(2),(3)は満たすこと.

6. 本会は著者が「著作権委譲同意書」と原稿を投稿したことをもって,著者全員が著作権に関する記述を理解し,これに同意して本会に著作権を譲渡したものとみなす.

7. 原稿は,電子メール(submit@sspss.jp ‘@’は半角に変えて下さい) で受け付けることを原則とする.投稿に際しては,「宇宙太陽発電テンプレート」を用い,原稿をワードファイルの電子ファイルとして添付する.掲載が決定した後,著者は,オンライン公開用原稿ファイルを,編集部指定の方法にて作成することを求められる.

8. 投稿は第1 著者が会員の場合に限るが,掲載時に入会することを条件に非会員の投稿を妨げない.その場合の入会条件は,新規入会の場合に準ずる.

9. 本誌への投稿による掲載料は不要である.

本規定は平成28年4月1日掲載原稿から適用する.